インプラント治療は医療費控除の保険対象|歯を傷つける心配もない

天然の歯を守る

微笑

新宿にある歯医者の多くがインプラントの治療を行なっています。インプラントというのは歯が抜け落ちてしまった部分に人工歯を取り付ける方法の1つです。基本的に自費診療となるインプラントには審美性が高いという特徴があります。新宿やその周辺の歯医者で入れ歯を作った場合、支えの部分に金属を使用するので、人工歯を付けているとすぐに解ってしまうでしょう。また、入れ歯は強く噛むと歯茎が痛んだり、支えにする天然の歯を傷つけたりしてしまうでしょう。しかし、インプラントであればそれらの悩みを解決することができるのです。なぜなら、インプラントは土台を埋め込んでそれを支えにしているからです。歯茎から顎へとインプラントを埋め込み、それを骨と結合させることで簡単には動かない土台を作ることができます。その上に接合部分を取り付け人工歯を装着するので、他の歯を支えにすることはありません。天然の歯を傷つけることなく人工歯を入れられるので見た目も自然な感じになるでしょう。また、骨と結合させたことで天然の歯と同じような感覚で食べ物を噛むこともできるのです。新宿にあるほとんどの歯医者はインプラントでチタンを使っています。チタンという金属は骨や人体との親和性に優れていて、数ヶ月で顎の骨と結びつくでしょう。アレルギー反応の起こりにくい金属としても有名なので、気軽に使うことができます。また、それでも金属アレルギーを起こすという人のために、新宿にある一部の歯科では金属以外の素材を使ったインプラント治療も行なっています。