インプラント治療は医療費控除の対象|保険が適用されることもある

天然の歯を守る

微笑

新宿にある多くの歯医者がインプラントを行なっています。インプラントは人工歯を取り付ける方法の一つです。入れ歯や他の方法と違って天然の歯を傷つける心配がありません。また、その素材としてチタンがよく使われます。

More Detail

歯医者と自宅でのケア

歯医者

加古川にある歯医者の多くがホワイトニングを行なっています。ホワイトニングというのは歯の黄ばみを落として白くするというものです。薬剤には2つの種類があり、濃度の低いものなら自宅で使えます。

More Detail

治療中の見た目

歯科

横浜にある矯正歯科ではブラケット矯正が用いられることが多いです。いろいろな歯並びを治すときに便利な方法ですが、装置は目立ってしまいます。そこで、一部の矯正歯科では白やクリアな装置が使われています。

More Detail

治療前に知っておこう

歯科

歯を失った部分に人工の歯を取り付ける方法の1つがインプラント治療です。それ以外にも、入れ歯やブリッジといった保険が適用される方法があります。しかし、保険診療で行える入れ歯やブリッジは自分の口にピッタリとフィットさせるのが難しく、食べ物を噛むときに痛んだりふいに外れたりしてしまうのです。また、入れ歯やブリッジを取り付けるときは残っている歯を支えにするため歯を傷つけてしまいます。そこで便利なのがインプラントなのです。インプラントを埋め込んで人工歯を取り付ける場合は保険が適用されず自費になってしいます。しかし、この方法なら歯茎や顎に土台を埋め込んで結合させるので、グラついたり簡単に外れたりすることはありません。しかも、埋め込んだ土台のみを支えにしているので周りの天然の歯を傷つける心配もないのです。
基本的にインプラントは自費治療になってしまうのですが、平成24年頃から一部のインプラント治療で保険が適用されるようになったのです。保険診療でインプラントを行なうためにはいくつかの条件があり、それに該当した場合のみ保険が適用されます。また、適用されない場合であっても医療費控除の対象にはなっているので税金を抑えるために使うことができます。医療費控除というのは年間の医療費が一定基準額以上になった場合に超えた分が税金から差し引かれるというものです。例えば、上限10万の世帯が30万でインプラントを行なった場合、差額の20万円分は税金が安くなるのです。医療費控除を受けるためにインプラント治療の領収書はしっかりともらうようにしましょう。